車の死角対策情報

カメラを取り付けて、自動車の死角を無くそう!

*

ブラインドビューカメラを取り付け!

   

MAXに車両左後方辺りを映し出す為のブラインドビューカメラを取り付けてみました!

ここでは、ブラインドビューカメラと名付けていますが、バックカメラの流用です。

ブラインドビューカメラを取り付けたイメージ


取付たカメラ

DBPOWER 小型バックカメラ

安くて、LEDが付いていたのでチョイスしてみました。

ただ、ガイドラインは想定外でした。

取付位置

まず、左後ろドアトリムの上に取り付けようと考えましたが、ドアの開閉を考えると!

配線の引き込み作業なども必用になるので、作業が面倒そうです。

後席左ドアトリム

それと、試しにカメラを設置してみましたが、ドアトリムよりも下側が映りませんでした。

死角の確認という意味では、問題はないと思いますが、もう少し広い範囲を確認したいところです。

次に、センターピラーへの取付を試行錯誤してみました。

センターピラーカバー

この位置はありだと思います!

ただ、少し長めの自作ステーを作成し、カメラが窓の方に出るような工夫が必要です。

最後は、冒頭の画像にもあるように、アシストグリップへの取付を検討しました。

その結果、この位置に取り付けることにしました。

ここに決めた理由は、カメラ映像の印象が良かった事に加え、カメラ本体の取付が非常に簡単だったからです。

加えて、配線作業も比較的容易な位置でした。

アシストグリップに取り付けたカメラ

カメラに付属していた両面テープを使い、ステーをアシストグリップに貼り付けて、ステーの両サイドをビニールテープで巻いて固定しています。

配線は、ウェザーストリップの中を通して、センターピラーの裏側を這わせて、サイドステップの方へ。

ちょっと見た目は悪いですが、アシストグリップの機能も損なってはいません。

カメラ映像

まずドアミラで見える範囲です。

実用上、問題の無い範囲ギリギリまで外側へ向けています。

ミラーで見えるもの

次に目視した時に見える範囲です。

目視で見えるもの

車両の左脇にポールが立っていることが分かります。

この辺りに、バイク等がいた場合、ドアミラーだけの確認では、見落としてしまう可能性が高いです。

最後に、今回取り付けたカメラの映像です。

カメラからの映像

かなり広範囲が映っています!

ちょっとガイドラインが邪魔な感じもしますが、カメラが向いている方向が分かりやすいと言えば分りやすいです。

とりあえず実用上の問題はないと思うので、当面はこの状態で運用してみようと思います。

ということで、当初の目的を達成することができました。

ブラインドビューカメラを後付できたことで、車線変更時の安心感アップ!

カメラ画面コントロール

当初予定していたサイドビューカメラのポジションに、このカメラ映像を入力しています。

ですので、サイドビューカメラを取り付ける場合は、モニターを増やすなどの対処が必用に!

その際、ルームミラーモニターが第一候補になると思いますが、軽自動車に合うサイズが…。

それと、フロントカメラとバックカメラだけだった時は、完全自動でカメラ映像の切り替えが出来ていました。

それが3カメラとなると、フロントカメラとサイドビューカメラorブラインドビューカメラは、手動での切り替えが必須となっています。

CSW294 マルチカメラスイッチャーを利用中。

 -  その他
 -    


  関連記事

車両左サイドの死角イメージ
ブラインドビューカメラが必用!

今乗っているMAXですが、助手席(左側)後方の死角が気になります。 この死角は、 …

雨滴除去機能付きマルチビューバックガイドモニター
雨滴除去機能付きマルチビューバックガイドモニター/トヨタ(Toyota)

トヨタ(Toyota)の新ナビゲーションシステムのオプションに、気になるバックカ …

モニターに映る光源
取付けたブラインドビューカメラに問題が発覚!

先日MAXに取り付けた、ブラインドビューカメラ(バックカメラ流用)ですが&hel …

ヤフーショッピング
カー用品をお得に購入するなら! Yahoo!ショッピング

少しでも安く! カメラ類を購入するなら、Yahoo!ショッピングがオススメです。 …

モニター車載カーマウント
5インチモニターの固定に使えそうなカーマウント!

MAXのサイドカメラ用のもモニターとして… SSM-W5.0II …